美容コラム

日焼けで赤くなる人、黒くなる人の違いと肌タイプ別対処法

 

日焼けをした後に、肌が赤くなる人と黒くなる人は、もともとの肌のタイプに違いがあります。

日焼けで赤くなる人と黒くなる人の違いと、タイプ別のアフターケアについて紹介します。

 

肌の特徴から知る
日焼けタイプ

紫外線に対する反応の違いにより、国際的には次の6つに肌タイプが分類されています。

 

タイプ 肌の変化
真っ赤になりやけど状態になるけれど、黒くならない
すぐに赤くなり、ほとんど黒くならない
赤くなったあとに、黒くなる
あまり赤くならずに、すぐに黒くなる
ほとんど赤くならず、すぐ真っ黒くなる
赤くならず、真っ黒

参考:『紫外線環境保健マニュアル2008』

 

タイプⅠが欧米人に多い、肌色が白い人、タイプⅥが熱い国の人に多い肌の色が黒い人にあてはまります。

日本人に多いのが、Ⅱ~Ⅳのタイプ。

日焼けの種類には、皮膚がやけど状態になり赤く炎症を起こす「サンバーン」と、メラニン色素が増えて黒くなる「サンターン」があります。

たとえば、肌タイプがⅡの「すぐに赤くなり、ほとんど黒くならない」人は、日焼けするとすぐにサンバーンになるけれど、サンターンをほとんど起こさない(もしくは、わずかに起きる)人。

逆にタイプⅣの「あまり赤くならずに、すぐに黒くなる人」は、サンバーンにはほとんどならず、サンターンがすぐに起きる人と言えます。

 

肌タイプの違いは
メラニン色素の量

こうした紫外線による反応の違いは、その人がもともと持っているメラニン色素の量と関係しています。

メラニン色素は「シミの原因」と知られているため、悪者のようなイメージがあるかもしれません。でも、本来は紫外線を吸収し細胞を守る役割があります。

メラニン色素が多いほど、紫外線に対して抵抗力があり、少ないほど抵抗力が弱いため、ひどいサンバーンを起こしやすいです。

 

 

日焼けで赤くなる人の特徴

日焼けで赤くなるだけで黒くならないのは、皮膚のメラニン色素の量が少ないから。

つまり色白の人が、日焼けで赤くなりやすいです。

日焼けにより黒くなりづらいとはいえ、紫外線に対して抵抗力が弱いということは、皮膚の奥まで紫外線が届きやすいということ。

紫外線の影響で、しわやたるみができやすくなります。

 

日焼けで黒くなる人の特徴

日焼けで黒くなるタイプⅢとⅣの人は、メラニン色素の量が、タイプⅡの人に比べて多いということ。

日本人の半数以上が、サンバーンのあとにサンターンを起こす肌タイプの人ですが、中にはサンバーンの症状があまり出ずに、サンターンになる人もいます。

紫外線の影響で、シミができやすくなります。

 

 

日焼けで赤くなる人の
対処法

サンバーンは、皮膚がやけどしているのと同じこと。

皮膚の炎症をできるだけ早く落ち着かせることが肝心です。

日焼けで皮膚が赤くなってしまったら、皮膚を「こすらない」そして「冷やす」。

また、体温があがることも避けてください。

<冷やし方>

  1. ガーゼやコットン、ローションパックなどに、塩素が入っていない水(精製水や軟質のミネラルウォーター、浄水器の水等)をひたひたに浸して冷蔵庫で冷やします。
    ※パックは何度も交換するため、数枚用意しておきます。
  2. 冷やしたガーゼやコットンで日焼けした肌をパック。
  3. パックしたものが乾燥する前に、新しいものに交換します。肌のほてりや痛みが落ち着くまで、常に肌を冷やして、ぴちゃぴちゃにしておくことがポイント。

皮膚がほてっている場合は、ほてりが落ち着くまで冷やします。

また、紫外線により肌表面に生成された活性酸素を除去するケアをすることで、しわやたるみの予防をすることができます。

 

おすすめアイテム

 

日焼けで黒くなる人の
対処法

日焼けで黒くなる人は、メラニン色素が活性化してどんどん生成されているため、メラニンの生成を抑制したり、シミを作りにくくするホワイトニングのケアがおすすめです。

日焼け後にホワイトニングケアをするときに気を付けたいのが、ケアを始めるタイミング。

ホワイトニング化粧品は、肌に働きかける成分が入っているので、ひどい日焼けをした肌には作用が強すぎる場合があります。

日焼けの炎症(赤みや痛みなど)が落ち着いて、肌がいつもの状態に戻ってから使うようにしてください。

サンバーンを起こしている場合は、日焼けで赤くなる人のアフターケアも行ってください。

 

 

日焼け対策で大事なこと

日焼け対策で大事なのは、アフターケアよりも、日に焼けないこと。

紫外線は、肌老化を促進する原因にもなります。

美肌をキープするには、真夏の紫外線が強い時期だけでなく、季節を問わずに紫外線対策をすることが大事。

紫外線にあたらない、UVクリームを使うほか、体内の活性酸素を除去するインナーケアもおすすめです。

 

日焼け後のケアにおすすめのアイテム

 

あわせて読みたい

 

-美容コラム

© 2022 美容×数秘×量子力学 やりたいことができる「私」に変わる Powered by AFFINGER5