美容コラム

顔が日焼けしたら?美容のプロ直伝【日焼けレベル別アフターケア】

 

顔の日焼けは、シミ、しわ、たるみなど肌のお悩みの原因に。

日焼けを防ぐUV対策をしっかり行うことが基本ですが、それでも日焼けしてしまう場合だってありますよね。

日焼けの原因である紫外線には、UVAとUVBの2種類。

 

UVA UVB
波長が長く、皮膚の奥まで届き、肌の内部にダメージを与える。 波長が短く、皮膚の表層にダメージを与える。
ダメージは弱いけれど、繰り返しダメージを与え続けることで、シワやたるみの原因に。 ダメージが強く、肌がやけど状態になることも。

メラニンを発生させ、シミの原因に。

 

今回は、日焼け後にすぐに肌に影響が出るUVBによるダメージに対するアフターケアを紹介します。

美容家であるわたしが実践しているアフターケアです。「日焼けしちゃったな」と思った日に試してみてください。

 

日焼けのアフターケアは
72時間以内が勝負

「日焼けをしちゃったな」と思ったら、72時間以内にアフターケアすることが大切です。

なぜなら、シミ・そばかすの原因となるメラニンは、日焼けしてから72時間の間に活発に生成され、その後肌に定着するから。

日焼け後72時間にしっかりとアフターケアすることで、メラニンの生成を抑えることができます。

 

日焼けレベル強の
アフターケア

日焼けレベル強

皮膚が赤くなるほどの日焼けで、火照りや痛みがある

 

<洗顔>

ヒドイ日焼けは、肌がやけどしている状態。できるだけ刺激を与えないよう、洗顔します。

洗顔料をよく泡立て、いつもよりそっとやさしく洗います。とにかく「こすらない!」。

<洗顔後のケア>

  1. ガーゼやコットン、ローションパックなどに、塩素が入っていない水(精製水や軟質のミネラルウォーター、浄水器の水等)をひたひたに浸して冷蔵庫で冷やします。
    ※パックは何度も交換するため、数枚用意しておきます。
  2. 冷やしたガーゼやコットンで日焼けした顔をパック。
  3. パックしたものが乾燥する前に、新しいものに交換します。肌のほてりや痛みが落ち着くまで、常に肌を冷やして、ぴちゃぴちゃにしておくことがポイント。
  4. 化粧水を普段よりもたっぷりつけます。

<ホワイトニングケア>

肌の赤みが引いて、皮膚のヒリヒリ感がなくなったら、普段のお手入れにホワイトニング化粧品をプラス。

日焼けしてすぐに、ホワイトニング化粧品を使いたくなるかもしれません。

でも、ホワイトニング化粧品は、肌に働きかける成分が入っているので、ひどい日焼けをした肌には作用が強すぎます。肌がいつもの状態に戻ってから使うのがベスト。

ホワイトニングケアが必要な期間は、肌の新陳代謝であるターンオーバーが行われる期間。目安としては、20代の若い肌なら28日間、加齢や肌の状態によっては3か月程度、ホワイトニングケアを続けるのがおすすめ。

ちなみに、アフターケアをしても、火照りや痛みが引かない場合は、一度病院で診てもらった方が安心です。

 

 

 

ひどい日焼け後に
おすすめの化粧水

ひどい日焼けは、顔がやけどしたのと同じこと。できるだけ、肌への刺激がない化粧水を使ってください。

顔に赤みや火照り、痛みがある時は、消炎作用や鎮静作用のある成分が含まれた化粧水がおすすめ。

 

おすすめの化粧水

 

日焼け当日は避けたいこと

ひどい日焼けをした当日は、体温があがることはできるだけ避けてください。

たとえば、入浴は湯船に浸からずシャワーだけで済ませる。飲酒は避けるなど。

 

 

日焼けレベル中の
アフターケア

日焼けレベル中

火照りはないが、顔がゴワゴワ乾燥している

 

<洗顔>

日焼け当日は、肌への刺激を最小限に。

洗顔料をよく泡立て、いつもより優しく洗います。とにかく「こすらない!」。

<洗顔後のケア>

肌に刺激が少ない、やさしいタイプの化粧水を使用します。

日焼け後の肌は乾燥しているため、化粧水を3~4回、繰り返し塗布し、いつもよりたくさんつけてあげます。

塗布するときも、顔に刺激を与えないように。手のひらで顔を包みこむようにして、肌に浸透させます。

おすすめは、冷やした化粧水でのローションパック。

ローションパックの場合は、1回でOKです。

<ホワイトニングケア>

日焼けした当日から、ホワイトニングケアをしてOK。ホワイトニングケアを続ける期間は、年齢や肌の状態により異なりますが、3か月程度続ければ安心です。

 

日焼けレベル弱の
アフターケア

日焼けレベル弱

肌の変化はないけれど、「紫外線をいっぱい浴びたな」と思うとき

 

<洗顔>

普段通りの洗顔でOK。

<洗顔後のケア>

体感はなくても、肌が乾燥しています。いつもよりたくさん化粧水をつけてあげてください。

<ホワイトニングケア>

「日焼けしちゃったな」と思った当日から3か月ほど、ホワイトニング成分が入っている化粧品を使用します。

 

 

ホワイトニング化粧品の
選び方

日焼け後は、肌がトラブルが起きやすい状態に。そのため、肌に刺激が強くない商品を選ぶのがポイントです。

 

日焼け後のホワイトニングに
おすすめの成分

美白やシミ対策には、かなり多くの成分があります。その中でも、日焼け後におすすめの成分を紹介します。

 

ビタミンC
誘導体
シミを薄くする、メラニン還元。できてからのシミに有効だが、シミができる前にも使うとシミになりにくくなり、万能

※ビタミンCはアスコルビン酸と表記される場合もあります

トラネキサム酸 炎症をおさえる、シミを作りにくくする。

日焼け後の肌の修復にもGOOD。

プラセンタ ターンオーバーを早める、肌全体の若返りに効果
グリチル
リチン酸2K
炎症を抑える、シミを作りにくくする

 

なお、ホワイトニングやシワ改善の成分としてよく知られている「レチノール」は、日焼け直後にはあまりおすすめできません。

レチノールの濃度によりますが、肌への作用がとても強いから。濃度が高い商品は、「日に当たる前(朝)は使わないでください」と注意書きがあるほどです。レチノールは、日差しが弱まる秋口から、できてしまったシミケアにおすすめです。

 

うっかり
日焼けしてしまったら

顔以外の腕や足などが日焼けした場合も、アフターケアの考え方は同じです。

  • 肌への刺激は、最小限に。こすらない!
  • ひどい日焼けの場合は、とにかく冷やす
  • たっぷりの化粧水で保湿
  • 日焼けの炎症が落ち着いたら、ホワイトニングを

肌へのアプローチは、おもに日焼けによる肌の炎症を鎮静化するためのもの。

紫外線により発生した活性酸素を除去するには、良い睡眠と良い食事がとっても大切。活性酸素は、しみ・しわ・たるみの原因となるからです。

日焼け直後は、生活が乱れないように心がけてみてください。

 

日焼け後のケアにおすすめのアイテム

 

あわせて読みたい

 

-美容コラム

© 2022 美容×数秘×量子力学 やりたいことができる「私」に変わる Powered by AFFINGER5